【稚内】北海道遺産の北防波堤ドーム

  • 2018年11月13日
  • 2019年12月10日
  • 稚内市

北防波堤ドームは、稚内市の稚内港にある大型の防波堤ドームで、北海道遺産に指定されています。

北防波堤ドームは稚内駅から徒歩5分のところにあります。

高さ約14m、長さ427mの巨大な防波堤ドームなので、遠くからでも目立っていました。

この日は台風が接近していたためか、観光客は少なかったです。

1936年に完成した北防波堤ドームは老朽化のため、1981年に全面改修されたそうです。

70本並ぶ太い円柱と半アーチ状の形状は、外国の建築物のようでした。

稚内の北防波堤ドーム公園ではイベントが行われることも!

北防波堤ドーム横の道路を挟んだ向かいには、広い芝生の公園があり、ここには大勢の人数が集まることができるイベント広場や、野外ステージがあります。

毎年8月に行われる「最北端・食マルシェ」では、地元の食材や加工品が販売され、多くの人でにぎわうそうです。

稚内の北防波堤ドームはキャンプ・野営禁止!テントは張っちゃダメ!

北防波堤ドームでは、以前はバイクのライダーなどの旅行者が、テントを張ってキャンプをする様子が見られたそうです。

しかし現在は北防波堤ドームでの野営は管理者によって禁止されています。

稚内の北防波堤ドームは心霊スポットなの!?

北防波堤ドームについて調べると「北防波堤ドーム 心霊スポット」というキーワードが出てきました。

どうやらこんな噂があるようです。笑

  • ここをつくるときに多くの人が亡くなり、その霊が出る
  • 子供の霊が出るという噂
  • ドーム下に人骨が埋まっている

普段はあまりこのような話は信じないのですが、行った日は台風が接近しており、空はどんより暗く、海も荒れ模様だったので、少し怖かったです…

稚内の北防波堤ドーム・まとめ

北防波堤ドームは稚内駅からも近いので、稚内に行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

円柱が並ぶドームの中に入ると、外国にいるような気分を味わえました。

よんよん
写真で見るより迫力がありました!

稚内、ここにも行きました